スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南鳥島からレアアース 場所的に中国・韓国は大丈夫

2012年6月29日午前のGoogle急上昇ワード
1位 南鳥島
8位 レアアース
南鳥島、レアアースが急上昇ワード

急上昇した理由: 南鳥島周辺の海底からレアアースの鉱床が見つかったため。

ソースはこちら↓

南鳥島周辺でレアアースの泥 EEZ内で初:イザ!

採掘のコストは見合うの?なんて意見もありましょうが、中国の独占状態からの脱出の可能性を匂わせるだけでも、それなりに効果があるんじゃないかと思います。「尖閣諸島の時みたいに外交カードとして使えるのは、あと何年かなー?」みたいな態度で。

あと、こういうことがあると、海底から資源が出たとたん領有権を主張することでおなじみの、アルヨ国とニダ国が心配ですが、南鳥島に関しては位置的にも歴史的にも何の問題もなさそう。

南鳥島 - Wikipedia

年表を抜粋すると

1864年(元治元年) - アメリカの船(ハワイ王国の宣教師船という説もある)モーニングスター号が来訪。マーカス島と命名する。
・・・
1896年(明治24年)6月30日 - 水谷新六が到達、母島より46人が移住し、集落に「水谷」と命名。
・・・
1902年(明治35年) - アメリカが領有を試みてハワイから軍艦を出航させるが、それを察知した日本も軍艦を派遣し、先に上陸して牽制。島で小競り合いが起こったが、最終的には和解して日本領が確定。

最初に上陸したのは、アメリカ人またはハワイ人。移住を行い、実質的に領土にしたのは日本。アメリカと領有権をめぐる小競り合いがあったものの、和解して日本領であることが確定。その後、無人島になって、海軍気象観測所や管理庁舎などが存在、といった状況

「日本国の実効支配の及ぶ島では唯一、他の島と排他的経済水域を接していない島」だし、場所もココ↓だし、
南鳥島の場所(地図)
ウィキメディアコモンズより(パブリックドメインの画像)

さすがにどこも文句をつけないでしょう。(中国が「岩だ」とか言い出したりして・・・)

テーマ : 中朝韓ニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。