スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忖度とは

2012年6月21日午前のGoogle急上昇ワード
9位 忖度
忖度が急上昇ワード

急上昇の理由: 清武英利氏が、巨人の原監督へ対するメッセージの中で、「忖度」という言葉を使用したため。

ソースはこちら↓

時事ドットコム:「関知していない」と清武氏=原監督メッセージに反論-プロ野球

また、清武氏は原監督に対し、「(読売新聞の)渡辺会長や彼の忖度(そんたく)族たちの言葉に惑わされず、巨人軍の勝利と真の発展に向けて、今後もますますご活躍されることを祈念してやみません」との談話を出した。


そして、肝心の「忖度」の意味は?

そんたく【忖度】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

[名](スル)他人の心をおしはかること。「相手の真意を―する」


難しい単語を使った発言を、誰かがしたりすると、急上昇ワードに入ってくることはよくあることなのですが、今回の「忖度」はなかなか難度高かったんじゃないでしょうか。

正直、私も分かりませんでした。「読めない」「意味が分からない」「想像もつかない」の三拍子。

見慣れない字が使われているので、中国のサイト名か何かかな、なんて・・・。 たぶん「百度」からの類推なんでしょうけど。

で、辞書的な意味を見る限りは、「他人の心をおしはかること」なので、必ずしもネガティブな表現ではないと思うのですが、メディアなどでこの言葉が登場する場合は、権力者の顔色をうかがう的な文脈で用いられることが多いみたいです。今回は渡邉恒雄氏絡みですが、例えば、政治家だと小沢一郎氏とか。

なので、上司に関して「忖度する」という表現はよく使われても、同僚や部下に関して「忖度する」という使い方はあまりしないのかもしれません。

テーマ : 野球 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。