スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンチコートといえばアクアスキュータム(とバーバリー)が元祖らしい

2012年4月19日午前のGoogle急上昇ワード
1位 アクアスキュータム
アクアスキュータム

急上昇した理由:高級服飾ブランド「アクアスキュータム」が経営破綻したため。

ソースはこちら↓

時事ドットコム:英老舗ブランドが破綻=アクアスキュータム

で、私は「アクアスキュータム」なるイギリスのブランドのことを全く知らなくて、なんでこんなに話題になっているのだろうと思ったところ、英王室御用達である、トレンチコートの元祖(の一つ)とされている、あたりがポイントみたい。

王室御用達とは言え、王室が何千着も買ってくれるでもないわけですから、王室じゃない人たちに買ってもらわなきゃいけないわけで、ということは、「王室御用達」というのがあまりステータスとして効かなくなったということでしょうか。

トレンチコートについては、
トレンチコート - Wikipedia

イギリスのバーバリーとアクアスキュータムの2社の製品が元祖と言われ、現在でも有名である。


とのこと。

あと、↓このへんは、テレビのクイズ番組なんかで問題になってて、それでかすかに記憶がある。

「トレンチ(塹壕)」の称は、このコートが第一次大戦で多く生じた泥濘地での塹壕戦で耐候性を発揮したことによる。



で、イギリスの企業が経営破綻したとしても、日本で売られている「アクアスキュータム」ブランドには影響はほとんどないらしく↓

アクアスキュータム破綻「特段の影響はなし」 レナウン : 日本経済新聞

とのこと。

現在は資本的な関係はなく、ブランドのライセンスを受けているだけという状況みたいです。

よく、ブランド○○のマークがついた製品の説明書きを見ると、「本製品は○○のライセンスを受けて、□□が製造したものです」とかって書かれていて、それが中国(○○の国でも、□□の国でもない)の工場で作られていたりして、ブランドって何だろうって思うことがあります。

そんな経緯でつけられたロゴマークみたいなものをありがたがる心理って、なんだか不思議。

そういえば、地方出身の私が子供の頃は「メーカー品」って呼んでました。有名メーカーって意味なんでしょうね。作っているとこは全部「メーカー」なんだし。

服でも、スポーツ用品でも、それが付いているかどうかで、扱いに雲泥の差があった。似て非なるマークなんかが付いていた日にゃあ、もう。

テーマ : 経済ニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。