スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AKB商法の行方

2012年6月7日午前のGoogle急上昇ワード

宮脇咲、渡辺麻友、小森美果、光宗薫、梅田彩佳が急上昇ワード

何がすごいって、1位の「宮脇咲良」、2位の「渡辺麻友」、3位の「AKB」、6位の「小森美果」、7位の「akb総選挙」、8位の「光宗薫」、9位の「梅田彩佳」、10位の「akb 順位」と、

上位10個のキーワードのうち、8個がAKB48関連です。

この並びで見ると、「青山祐子」もAKBなんじゃないかという錯覚に陥ります。

急上昇した理由は、もちろん昨日AKBの総選挙の開票イベント。しかも、フジテレビでその様子が放送されていた点でしょうね。以前は、結果だけ翌日のワイドショーで見るような感じだったのですが、ついに中継までされるようになってしまったという。

このCDの売れない時代に、CDを売りまくって、大きな経済効果をあげているAKB48ですが、その商法はけっこう微妙。

ご存じだとは思いますが、総選挙で投票するためにはCDに同封されている投票券が必要です。ファンクラブ会員投票枠もありますが、金さえつぎ込めばいくらでも重複投票できる、CD投票券の力は絶大です。

で、予想通り、こんなことがおこります↓

痛いニュース(ノ∀`) : AKB総選挙 一人で1770票入れるファン登場 - ライブドアブログ

1600円 × 1770枚 = 283万2千円 です。

投票券を抜いたCDを転売するにしても、どれくらいの値段になるだろうか。これだけの数をさばこうと思ったら、二束三文じゃないかなあ。

ファン本人が納得してやっているとはいえ、はたから見ると、洗脳されて騙されているように見えなくもない。
幸運の壺を高額で買わされた人はどのタイミングで被害者になるんだろうか? 買った瞬間か? マインドコントロールが解けて、効果がないことに本人が気付いたときか?

壺を売って得た金の多くは、壺を売った人ではなく、宗教を創設した開祖に入るようになっている。だから、たいてい太っている。

コンプガチャのことは、たくさんの人がずっと前から「えげつない商売だなあ」と思っていて、でも長い間放置されていて、それでも消費者庁がちょっと動いた(ほのめかした)程度で、一気に悪者になった。究極のビジネスモデルが、一晩で詐欺商法扱いへ。

AKB商法を、「微妙だな」思っている人がそれなりにいるなら、ちょっとしたことでも、一気に風向きが変わるんじゃないか、という気もします。AKBの魔法が一生解けないなら、被害者は発生しないのですが。

テーマ : AKB48 - ジャンル : アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。