スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1=2」「2=5」なら、10は何?(「1 2 2 5」が急上昇)

答えは書きません。なんとか自分でたどり着きたい人のために。

2012年6月6日午前のGoogle急上昇ワード
7位 「1 2 2 5」
「1 2 2 5」が急上昇ワード

急上昇した理由: こんなクイズがネットで流行っているらしい。

  1=2
  2=5
  3=5
  4=4
  5=5

なら、10=何?

答えは最後まで書きません。でも、誰でも分かるくらいまでヒントを出していこうと思います。

変なひっかけはありません。単純に「1のときは2」「2のときは5」・・・と考えて問題なし。

この手の問題って、計算とは無関係なすっごいアナログな答えっていうオチがけっこうあって、私が最初に思いついたのは、「ははん、12より大きい数字がないってことは、各月の祝祭日の数か?」

1月は2。うん、元日と成人の日。
2月は5。・・・って、5日も祭日あるかいな。で、即断念。

5とか4とかばっかで、どこのゆとり国だよ。

もっと、ヒントがあれば分かるはずっていう人のために、

  0=
  1=
  2=
  3=
  4=
  5=
  6=
  7=
  8=
  9=

  10=?
  11=4
  12=7
  13=7
  14=6
  15=7
  16=8
  17=6
  18=9
  19=8

1桁で言うと、8の時が最大ですね。

1桁と2桁の関係を見てみると、1桁の時の答に2を足すと、2桁の時の答になるみたいです。

↓こういう法則性を見ると、これはアナログ問題ではないってことが分かります。

  10=?
  11=2+
  12=2+
  13=2+
  14=2+
  15=2+
  16=2+
  17=2+
  18=2+
  19=2+

ということは、10のときの答自体は分かってしまいましたね。でも、これだけじゃ、納得できないですよね。それに、20以上はどうなるの?ってのも分からない。

ちなみに、

  20=5+
  21=5+
  22=5+
  23=5+
  24=5+
  25=5+
  26=5+
  27=5+
  28=5+
  29=5+

となります。

なるほど、2桁の数が「XY」であらわされるとすると、答は
  Xの答+Yの答
となっている模様。桁にポイントがあるようです。

まだ、分からない?

じゃあ、電卓持ってきて計算しなよ。

PCの電卓とか、関数電卓とかじゃなくて、昔ながらのやつね。

テーマ : Twitter - ジャンル : その他

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。