スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノエル・ギャラガーのブログ発言の正しい翻訳

2012年5月29日午前のGoogle急上昇ワード
10位 ノエル・ギャラガー
ノエル・ギャラガーが急上昇ワード

急上昇した理由: ミュージックステーションに出演した元オアシスのノエル・ギャラガーが、ブログにMステ、AKB48、タモリについて痛烈な批判を書いたため。でも、よくよく英文を読んでみると、そんなに悪態をついているわけではないことも分かっている。

数日前から、「ノエル・ギャラガー」がランキングに入っていて、誰のことだかよく知らない私は気にも留めていなかったのですが、ずっとランクインしているので、いよいよ気になって、検索してみて状況を知りました。

ソースはこちら↓

「タモリはすかしたジジイ」。元オアシスのノエル・ギャラガー、『Mステ』へ痛烈批判。毒舌日本代表・有吉は怒り心頭。|マイナビニュース

で、上記記事を見ると、
(1)ノエル・ギャラガーがMステ出演
(2)自ブログで痛烈な批判
(3)それを知った有吉が怒り心頭
って流れなんですけど、誤りや誇張がないのは(1)だけという印象。

掲示板に、悪意を込めずに訳した訳文や、有吉のラジオ録音などが貼り付けてありましたので、確認してみてください↓

有吉、AKB&Mステ批判をしたノエル・ギャラガーにブチ切れ 「そんなに嫌なら途中で帰れ糞バカ野郎」:キニ速

ラジオで有吉が読み上げている翻訳と、別の人が付けた翻訳が両方載っていたので、比較してみました。

【AKBについて】

(原文)
I was on with a load of Japanese acts one of which was a manufactured girl group called AKB48.
I kid you not. There was maybe 30 of them all between the ages of 13-15!!!
I suddenly started to feel very old.

(訳1)
俺は一山いくらのクズみたいなジャップの自称ミュージシャンの連中と無理やり共演させられたんだが、
その中に工場から大量出荷された粗悪品みたいなAKB48という少女たちのグループがいたんだ。
これは冗談じゃないぜ、そいつらは無駄に30人くらいいたんだが全員13歳から15歳くらいの糞ガキだったんだよ!
俺は急に自分がすげえジジイになったような気がしたよ。

(訳2)
俺は大勢の日本人歌手と一緒に出演してさ、そのひとつがAKB48っていう生産されたガールズグループなんだけど。
まじだぜ。30人ぐらい全員が13~15歳の年齢なんだよ!!!
急に自分が老けた気分になったよ。


【タモリについて】

(原文)
The presenter was some old dude who looked at best like a James Bond villain.
It was loud fast and chaotic. Lord only knows why I was on there.

(訳1)
司会者はすかしたジジイでちょうどジェームズ・ボンドの敵役みたいな奴だった
うるさくてめまぐるしくてごちゃごちゃしてる番組で
俺はなんでここにいるんだろうと思っちゃった

(訳2)
司会は贔屓目に言ってジェームズ・ボンドの悪役に似てるってとこの年配の奴だったな
やかましくて、せわしくなくて、混沌としてたよ。
なんであそこに俺がいたのか神のみぞ知るってとこだ


原文を見てもらえば分かるように、(訳1)には悪意と思われるほど誇張されています。原文にない言葉をいくつも入れ込んでいて、捏造と言われてもしょうがないレベル。

細かく見ていくと、

I was on
私は出演しました

with a load of Japanese acts
大勢の日本の歌手と

one of which was a manufactured girl group
その一つは製造されたようなガールグループで

called AKB48.
AKB48と呼ばれています

(訳1)は上記に箇所に対して、「クズみたいな」「ジャップの」「自称」「無理やり」などという訳を当てていますが、それに相当するような原文部分は存在せず、ミスリードを意図しているとしか思えません。

タモさんに対する「old dude」を「すかしたジジイ」としていますが、これも「気取ったおじさん」くらいの意味じゃないでしょうか。番組内容やお客が騒がしい中。タモさんは低めのテンションで淡々と進行しますからね。「すかした」はいいとしても、「ジジイ」というようなニュアンスが正しいのかどうかは疑問です。

それにブログ記事の最後には、

(原文)
A good laugh all the same though.

(訳2)
そうは言っても、楽しめたんだけどさ

とあって、全体として悪意があるようには、とても見えません。

ちなみに、「有吉は怒り心頭」とか「ブチ切れ」とかタイトルについてますが、YouTubeでラジオ音声で内容を聞いてみると、全然怒ってません。むしろ喜んでいます。「大御所が、そんなこと言うなよ~!(笑)」みたいなノリでした。

ということで、怒ったり、喜んだり、批判をツイートしたりする前に、ちゃんとオリジナルの方も確認しましょうね。

英語くらいがんばって読まないと、釣られるぞ。

テーマ : テレビ朝日 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。