スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-CAS書き換えをしても、罪悪感がわかない理由

2012年5月24日午前のGoogle急上昇ワード
8位 ソフトCAS
9位 softcas
ソフトCAS、softcasが急上昇ワード

急上昇した理由: B-CASカードを書き換えて有料放送を無制限に見る方法や、そもそも物理的なB-CASカード不要でこのようなことができるソフトCASが話題になっているため。

B-CASのせいで、地デジは非常に不便なものになっています。録画した番組を他の機器で視聴するのが不可能だったり、可能な場合でも対応機器が必要などの制限があったり。

機器にカード差し込まないと視聴できないという変な仕組み、構成部品が多くなれば、製造コストもあがるし、故障もしやくすくなる。そして、テレビの価格には、当然、製造コストの上昇分やB-CASへの上納金も上乗せされる。

でも、対応した録画機器で録画して、その機器で見られればいいやという人が多数派だと思いますので、この制限の理不尽さや、この制限を解除する方法については、一部の人の間でのみ話題になるだけで済んでいたようです。

が、ここ最近「B-CAS」や「ソフトCAS」が急上昇ワードにちょいちょい登場するようになったのは、やはり「有料放送が無料で見られる」というところなんでしょうね。「無料の地デジ地上波の扱いが便利になる」よりは、「有料放送がタダ」の方がインパクトありますから。

で、「カード書き換えて、有料放送を無料で見る」なんてのは、どう考えても不正行為で、不正行為を行うのには心理的なブレーキが働くはずです。普通は。

でも、当事者がB-CAS社(株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ)だと、この心理的ブレーキが働きにくいんじゃないかという気がとてもしています。

というのもB-CAS社は問題だらけの企業で、ウィキペディア(ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ - Wikipedia)によると、

日本のテレビ放送という公共性の高いものを一民間企業が独占的に管理しているというそもそもの問題から、過去には「会社法に違反して財務内容の公告を怠っていた」り、「本社・その他の事業所の所在地は公式サイト上に一切書かれていなかった」り、「代表電話番号・本店以外の事業所所在地・売上高・従業員数など一般的な企業は公開している情報」を公開していなかったりして、かなり怪しげ企業。

そして、「同社にはNHKや在京キー局系のBS民放局が出資していることから、マスコミで取り上げられることは稀であった」のように、都合の悪いことは報道しない、でおなじみのマスコミがバックについていたりします。
社員は天下りのおじいちゃんばっかりで↓

総務省「B-CASカード不正の対応はB-CAS社(従業員14人・平均年齢57歳)に任せた」 スカパー「任せた」 wowow「任せた」 → B-CAS社「」 | ニュース2ちゃんねる

技術も何も保有しておらず、下請けに丸投げで、濡れ手で粟の利権企業。

こんな状況だから、不正使用への抵抗感も、グッと下がる。

これまで、合法的に(いや、違法もいろいろあったな)さんざんあくどいことして金儲けしたんでしょ? そろそろ年貢の納め時なんじゃない?

って感じ、なんじゃないでしょうか。

これに対して、

B-CAS改ざん方法の投稿問題で「不正視聴に法的措置も」
-B-CASとスカパー、WOWOWがコメント。技術対策へ

また、スカパーJSATとWOWOWは21日、この件に対しての両社の見解を発表。「有料放送の不正視聴行為については、損害賠償請求を含めた法的措置を検討している」との意向を示した。

なんてことを言っていますが、矛先を向ける方向をもうちょっと考えた方が良さそう。

穴だらけのプロテクトシステムで、スカパーやWOWOWに損害を与えたのは、B-CAS社ですよ。B-CAS社に損賠賠償請求しないとね。あと、こんな怪しげな企業に、ビジネスモデルの根幹に影響するような部分を任せてよしとしてきた、自分たちにも責任あるよね。

そうです、あなたたち(スカパーやWOWOW)はB-CAS社に騙されたんですよ。

テーマ : TV - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

No title

同感

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。