スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本気象協会の金環日食天気予報マップが分かりやすい

2012年5月21日午前のGoogle急上昇ワード
1位 金環日食
金環日食が急上昇ワード

当然、1位は「金環日食」。

さっき、フジテレビの「めざにゅ~」を見てたら、日食グラスを買うために並ぶ人(昨日の映像)とか、アメリカでの反応(今回はアメリカでも見られる)とか、過去の日食の映像とか流して、盛り上げようとしている感じは分かるんだけど、窓から外を見てみると、思いっきり曇っている・・・(川崎市在住 午前4時半頃)

テレビ中でのテンションとのギャップがなんとも。

いったいどこだったら見られるのかというのは、日本気象協会のサイトで公開されている図が分かりやすいです。

日本気象協会の金環日食天気予報(5月20日発表)
金環日食の天気マップ(20日発表)(2012年5月20日) - 日直予報士 - 日本気象協会 tenki.jp

これを見ると、静岡から愛知のあたり、関東のかなり北部から北陸あたりが天気がよさそうです。あんまり北に行くと、部分日食になっちゃうけど、曇って何も見えないよりは、だいぶいいですよね。

ちなみに、日本気象協会ではこれまで毎日この天気予報図を更新してて、過去の天気図は↓こんな感じ

日本気象協会の金環日食天気予報(5月11日発表)
注:5月11日に発表された過去のものです

これを見てみると、当初より予報はかなり良くなったみたいですね。

今(5:00頃)、空を見てみると、全体的に曇っているものの、やや雲が薄くなっている部分がなくもないので、その隙間に期待をかけます。■

[2012年5月21日9:00追記]
なんと、金環状態になる直前、にわかに雲が薄くなり、観測&撮影することができました↓
2012年5月21日 金環日食の写真(川崎市にて撮影)

テーマ : 天体 - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。