スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホルムアルデヒド汚染源が疑われる、利根川、烏川、鏑川、鮎川を地図で確認

土曜日は出かけている時間が長くて、ニュースをしっかり見ていたわけではないですが、5/20(日)早朝時点のGoogle急上昇ワードを見てみると、今回の断水騒動が、かなり大きくなっていることが分かります。

1位 ホルムアルデヒド
2位 野田市
3位 千葉 断水
4位 柏市
8位 八千代市
10位 我孫子市
ホルムアルデヒド、千葉、断水が急上昇ワード

汚染源の特定が進んでいるらしく、↓こちらの記事を見ると、利根川支流の烏川、鏑川、鮎川などの可能性が疑われているようです。

「一体何が起きたのか」利根川支流が汚染源? ホルムアルデヒド検出: 産経新聞

同県では、数日前から東部地域水道浄水場(千代田町)でホルムアルデヒドが検出されており、19日に利根川をはじめ、支流の烏(からす)川(高崎市)、鏑(かぶら)川(同)、鮎川(藤岡市)など計8地点で採水し検査会社に調査を依頼した。検査結果は20日早朝に出るという。

そして、原因も分かりつつあるようで、

烏川周辺には、塩素と反応してホルムアルデヒドを生成する化学物質ヘキサメチレンテトラミンを扱う事業所が複数あるという。


↓こちらの記事だと、烏川に絞ったような書き方ですね。

有害物質検出、関東3県で取水停止

埼玉県によると、群馬県高崎市の利根川支流の烏(からす)川で18日、濃度が比較的高いホルムアルデヒドが出た。両県は烏川上流で採水し、汚染源を絞り込む。塩素と結び付くとホルムアルデヒドになる物質を扱う事業所が烏川上流に複数あり、事業所への聞き取りも進めた。この物質は樹脂や合成ゴムの製造に使われる。


で、よくよく調べてみると、

利根川━┳━利根川
      ┃
      ┗烏川┳━烏川
           ┃
           ┗鏑川┳━鏑川
                ┃
                ┗鮎川

のように、支流が分岐している模様。つまり、利根川から烏川の分岐点より、上流ってことはかなり濃厚なようです。

地図で言うと、このあたりですね。

↓利根川、烏川

大きな地図で見る


↓鮎川、鏑川

大きな地図で見る

たしかにこのへんは工場も多いです。一つの工場が間違いを起こすと、こんなことになってしまうというのは、けっこう恐いですね。

テーマ : 千葉県 - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。