スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「DL入り」のDLとは、Disabled List(故障者リスト)のこと

2015年5月1日午前のYahoo!検索データ 急上昇ワード

DL入り
DL入りが急上昇ワード

急上昇の理由: ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が「DL入り」したため。

ソースはこちら↓

田中将のDL入りに「それみたことか」 米メディア“手術必至”と集中砲火 (夕刊フジ) - Yahoo!ニュース

右手首の炎症と右前腕部の張りで15日間の故障者リスト(DL)に入ったヤンキースの田中将大投手(26)。昨季痛めた右肘靱帯の部分断裂は精密検査で問題なしとされたが、米メディアは、「最終的に右肘のトミー・ジョン手術(側副靱帯再建手術)は避けられない」との論調を強めている。


記事の見出しに「DL入り」と書かれていても、野球に疎い私には「Down Load」くらいしか思い浮かばず・・・。記事の本文見れば分かるんですが、Disable List(故障者リスト)のことなんですね。

まあ、もっと言うと、「故障者リスト」がどんなものかというのは、ちゃんとは理解してませんが・・・。

ものはついでなので、故障者リスト - Wikipediaで見てみると、

15日間と60日間の2種類あり、前者は該当選手を25人ロースター(登録選手枠)に、後者は40人ロースターに残したまま代わりの選手をマイナーリーグなどから補充することができる。最大10日前まで遡って適用できる。


何かを調べると、知らない言葉(=ロースター)が出てきたというパターン。肉とかを焼く機械かと思いましたが(←軽いウソ)、括弧書きがあるのでなんとなく分かりました。推測するに、登録選手枠から外さない状態で、別の選手を補充するための仕組みのようですね。

あと、「トミー・ジョン手術」が何のことか気になるところですが、きりがないので今回はこのへんで・・・

テーマ : MLB - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。