スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島みゆき(の/が)母校に偽の祝辞

↓これはMY YAHOO!の「トピックス」ガジェット。

中島みゆき母校に偽の祝辞

中島みゆき母校に偽の祝辞

これ見た瞬間、どう意味とりました?

私は、一瞬

  中島みゆき 母校に偽の祝辞

だと思っちゃったんですよね。

で、もちろんこの見出しの意味は、

  中島みゆき 母校に偽の祝辞

なんですけどね。

で、こういう風に違う意味で取れる可能性のあるときは、たった1文字増やすだけなんだから、見出しは、

  「中島みゆき母校に偽の祝辞」

とすれば良かったんじゃないかと思うんですよ。

文字数に厳しい制限があるような場合は別ですけど、他の見出しを見る限り、12文字制限があるわけでもなさそうだし。

そしてさらに思うのは、省略するケースって「が」や「は」のような主語であるケースが多い気がします。つまり「の」を省略する場合は特に注意が必要なのではないかと。

他の見出しも見てみると、

・施術で乳児 死亡。 衝撃 広がる
・週刊新潮 18歳 実名と写真 を 掲載
・近畿大が2年連続1位 志願者数
・中国 成長鈍化でも軍拡 維持
・中島みゆき 母校に偽の祝辞
・ハリル新監督 内定 正式契約へ
・柿谷が3得点 スイス移籍後初
・伊東美咲 第2子妊娠を発表

主格、所有格、目的格いろいろありますが、基本は他の意味に取れないようなところに使われているようですね。

18歳実名は、「18歳実名」、「18歳実名」とかには取れませんもんね。

あと、「ハリル新監督 内定 となった」でも、「(協会が)ハリル新監督 内定 した」でも、同じ意味ですからね。

ただ、ひねくれた人にとっては、

伊東美咲 第2子 (大人になって)妊娠を発表

と取れなくもないですが。でも、成長した子どもは「第2子」って言わないか・・・

やはり、違う意味にも取れる可能性がある、中島みゆきの件は「中島みゆきの母校に偽の祝辞」という見出しにしてほしかった。あえて狙ってる(=違う意味に取った人が、「えっ」て思って注目するのを期待)ってことは、さすがにないですよね・・・

テーマ : 女性タレント - ジャンル : アイドル・芸能

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。