スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿膜管遺残とは、どんな病気?

2014年12月31日午前のGoogleトレンド急上昇ワード

2位 尿膜管遺残
尿膜管遺残が急上昇ワード

急上昇の理由: フィギュアスケートの羽生結弦選手が尿膜管遺残症と診断され、手術を受けたため。

ソースはこちら↓

【フィギュア】羽生選手は1カ月半安静 尿膜管遺残症で手術 来年の世界選手権出場に影響も - 産経ニュース

で、気になるのは「尿膜管遺残症」とは、どんな病気なの? というところ。

医療法人 武蔵野総合病院のサイトに、症状などについての詳しい資料(パンフレット?)がありました↓

形成外科 お臍が化膿していませんか・・・? 尿膜管遺残症をご存知ですか(PDFファイル)
尿膜管遺残症とは(武蔵野総合病院の資料)

疑問形でたたみかけるタイトルで、思わずおヘソをチェックしてしまいますが、とても分かりやすい内容でした。要点を書き出してみると、↓以下のような感じです。

【尿膜管とは】
 ・胎児期に使われていた臍(へそ)から尿道への管
 ・この尿膜管は出生時に閉鎖される

【尿膜管遺残症とは】
 ・頻度は、成人の約2%
 ・症状
  -無症状の場合もある
  -臍からの尿の漏出、臍周囲の炎症、腹痛など
  -思春期から成人期に初めて症状が出現する症例も少なくない


ヘソから何か出てきたら、さすがに病院に行くと思いますが、無症状からの腹痛で、ヘソの緒時代の管が残ってます、って言われたらびっくりしそう。でも、成人の約2%だから、それほど珍しくもないのかもしれません。

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。