スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 日本の憲法9条 ノーベル平和賞を受賞せず

2014年10月11日午前のGoogleトレンド急上昇ワード

4位 ノーベル平和賞
ノーベル平和賞が急上昇ワード

急上昇の理由: 10月10日にノーベル平和賞の発表が予定されていたため。「憲法9条にノーベル平和賞を」みたいな活動があるのも影響したのかも。

ソースはこちら↓

ノーベル平和賞まもなく発表、日本の憲法9条が有力候補―中国メディア (Record China) - Yahoo!ニュース

いろんな考えを持つ人がいるでしょうから、この活動自体は別にいいんじゃないかと思います。

でも、どこぞのニュース番組がこれにのっかってたのがバカっぽかった。「あと○分でノーベル平和賞発表、日本の憲法九条が有力候補?」みたいな、そんなノリ。

受賞の対象者は日本国民全員ですよ、知ってましたか、みたいな感じで街頭インタビューしていた。答えた人は被害者だと思う。バカに巻き込まれるぞ。

十数分後結果が発表され、受賞者は

ノーベル平和賞、マララさんとサティアルティ氏 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

パキスタンでイスラム武装勢力に銃撃されながらも女性の教育権を訴えたマララ・ユスフザイさん(17)と、児童労働に反対する世界的な運動を組織しているインドのカイラシュ・サティアルティ氏(60)


でした。安心しました。

マララさんとサティアルティさんの偉大な業績を見て

「憲法9条にノーベル平和賞を」って・・・

って顔が赤くなった。日本人がこれをやるってことは、「私達にノーベル平和賞をください!」みたいなもんじゃないですか。こういう行為に対しては多少なりとも「恥」を感じるセンスをなくしたくないなと思いました。

わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女
わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

テーマ : 国際ニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。