スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9-3÷1/3+1 の答えでもめる理由

発端は↓これ。

9―3÷1/3+1=? 新入社員の正答率4割:朝日新聞デジタル

「9―3÷1/3+1」(1/3は、3分の1)の答えは? ある大手自動車部品メーカーが、高卒と大卒の技術者の新入社員をテストしたところ、正答率は4割にとどまった。


で、例によって演算子の優先順位を問うこの手の問題は、違う答を出す人がそれなりにおり、ネットでも話題になりますよね。↓こんな感じ。

痛いニュース(ノ∀`) : 【テスト】 9―3÷1/3+1=? 新入社員の正答率4割 - ライブドアブログ

そして、急上昇↓

「9-3÷1/3+1」が急上昇

朝日の記事にも書いてあるように↓

(答えは「1」)


です。が、「答えは9」派もぼちぼちいます。

今回の問題って、よくある演算子優先順位トリック問題ほどは複雑には見えない。それなのに、2通りの解釈が成り立ってしまう訳は単純で、

オリジナルの設問を忠実に掲載していないから

だと思うんですよね。テストには、

9―3÷1/3+1=



と書かれていたわけではなく、

9-3÷1/3+1の数式

と書かれていたんではないかと。

上記ならば、すんなり答は「1」だと回答できますよね。(6割の新入社員のデキの話はおいておくとして)

朝日の記事みたいに書いてしまうと、「/」は「÷」と同じ意味で使うから(などという論理展開を行い)、

「3÷1/3」の部分は、「3÷1÷3」と同じだということで、前の方から処理していくと、

9-3÷1/3+1
=9-(3÷1÷3)+1
=9-{(3÷1)÷3}+1
=9-(3÷3)+1
=9-1+1
=9

となってしまったというわけですね。

今回の結論: 朝日の記事の表現がまずい

でした。

テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。