スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「亀岡暴走 実名」が急上昇ワード

「亀岡暴走 実名」、「京都府亀岡市の暴走事故」、「亀岡事故 加害者」などが、ブログ訪問者検索ワードとして急上昇していたので↓

「亀岡暴走 実名」が急上昇ワード

何だろうと思って検索してみると、昨日(2013年9月30日)大阪高裁でこの事故の判決が出たとのこと↓

【亀岡暴走事故】運転少年に懲役5~9年 大阪高裁、1審を破棄 - MSN産経ニュース

森岡安広裁判長は、「1審は事故前の無免許運転の犯情の悪さを過小に評価している」などとして懲役5年以上8年以下とした1審京都地裁判決を破棄、懲役5年以上9年以下の不定期刑を言い渡した。


なんで、危険運転致死傷罪が適用されないんでしょうね。いくつかの類型の中の、

危険運転致死傷罪 - Wikipedia

未熟運転致死傷罪

進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させる行為(刑法第208条の2第1項後段)


↑ちょうどこれでしょう。

少年だったとか、運転には慣れていたとか、そんな理由なんだろうけど、関係ないでしょっていうのが常識的な感覚。

人を負傷させた者は15年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は1年以上の有期懲役に処する(刑法208条の2)。


最大で15年にできるみたいだから、こんな悪質なケースは、迷うことなく15年。こういう感覚の方が普通だと思う。

関連記事↓
犯人の写真・本名晒される 伊津和真、山下連、今西寿希也(京都府亀岡市無免許危険運転事故): 主張

テーマ : 社会ニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。