スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほこたて『ハッカー対決』 攻撃側はディレクターからパスワードを入手

2013年6月10日午前時点でのGoogle急上昇ワード
1位
ほこたて

急上昇した理由: 2013年6月10日に放送された「ほこたて」のハッカー対決の内容が、いろいろひどかったため。

ソースはこちら↓

ほこたて『ハッカー対決』に「ソーシャルエンジニアリング」があったことが判明|| ^^ |秒刊SUNDAY

防御側のセキュリティソフト会社の人が下記のようなことをツイートしたとのこと。

(攻撃側は)

侵入できるまでに2回心が折れて、ディレクターにソーシャルエンジニアリング仕掛けてやっと成功。


「ソーシャルエンジニアリング」って何だ?って感じですが、パスワードを知っているディレクターから、なんやかやでパスワードを盗み取ったということでしょう。

方法は、直接聞くというだけでなく、肩ごしに見るとか、メモってある紙を見つけるとか、関係者のふりしてメールで聞き出すとか、その類でしょうね。

私はちょこっと見ただけなので、細かいルールがどうなっていたかは知りませんが、「古いOSにパッチを当てない状態にしておく」っていう条件もあったみたいですね。

いろいろ穴だらけにしておかなければ勝負にならないので、そういうルールになったみたいです。対決のためだけにルールを決めて、そのルール内で勝負するっていう、対決のための対決みたいなもので、結局、ハッカーの腕前も、セキュリティのレベルもよく分からないって感じですね。ルールのさじ加減しだいだもん。

ハッキングしますよって状況で、準備させるんだから、セキュリティ側がちゃんとしとけば、手も足も出ないはず。

でも、「何もできませんでした」じゃ、番組的に面白くないから、わざと穴だらけにしておく。

マシンには入れたけど、ターゲットの画像は見つけられなかったっていうあたりが、番組的に面白いんじゃないか、というフジテレビのスタッフの浅知恵でしょうね。

でも、IT系に詳しい人はごまんといて、かつ、情報を発信する人の割合も多いだろうから、ツイッターなんか荒れる。

しかも、画像ファイルにたどりつけなかった理由が、「ファイル名を書き換えた」と説明されていたらしいです。

なんじゃ、そりゃと思ったら、実際は、「TrueCryptでドライブを暗号化した」だったという・・・

視聴者に分かりやすいようにとかって配慮なんでしょうか。視聴者を馬鹿にしすぎなような・・・。フジテレビのITレベルに合わせると、こういう表現になってしまうんでしょうか。

いくらネタ切れとはいえ、無理やりな対決を組むと、こんなことになってしまう、というお話でした。

テーマ : TV番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。