スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7+7÷7+7×7-7の答えが56や0や8になってしまう理由

2013年2月20日午前のGoogle急上昇ワード
10位 7+7÷7+7×7-7
7+7÷7+7×7-7が急上昇ワード

急上昇した理由: 毎度おなじみ、ネットでよく話題になる数学というか算数問題。「こんなのも分からないのか?」と優越感を味わったり、「あれ?答はこれじゃないの?」とベタな間違いやバカキャラをアピールしたりと、いろいろネタの応用場面も多いため。

では、計算してみましょう。

7+7÷7+7×7-7
=14÷7+7×7-7
=2+7×7-7
=9×7-7
=63-7
=56

はい、56になりました。

もちろん間違いです。

とりあえず、目の前にあるものから片づけていく。世の中では、あれこれ優先順位を悩むより、物事をこういう風に処理した方が良いことも結構ありますが、それを数学にまで適用するのは、どうやら正しいとはされないようです。

今回、私驚いたのは、googleの検索窓に数式を入れると計算してくれる・・・

というのは知っていたのですが、計算の優先順位の括弧まで表示してくれることですね。これ、前はなかったよね? 私が気付かなかっただけ?

↓こんな感じ。
7+7÷7+7×7-7の計算結果
7+7÷7+7×7-7 = 50
googleで「7+7÷7+7×7-7」を検索

ということで、シリコンバレーでは50が正解とされているようです。まあ、日本でもそうですけど。


では先述の56の答にするのは、どのように数式を表現すればいいのかというと、↓こんな感じに括弧をつければよさそう。
((7+7)÷7+7)×7-7の計算結果
((7+7)÷7+7)×7-7 = 56
googleで「((7+7)÷7+7)×7-7」を検索


そして、「0」を叩き出した人の思考法としては、掛け算や割り算よりも、足し算や引き算を優先するというもの。明日のテスト勉強よりも、机回りの掃除を優先してしまうような、そんな感じでしょうか。
(7+7)÷(7+7)×(7-7)の計算結果
(7+7)÷(7+7)×(7-7) = 0
googleで「(7+7)÷(7+7)×(7-7)」を検索


そして、残る「8」の答が結構難しい。いろいろ考えた結果、割り算と引き算を優先するとそうなることが分かりましたが↓、 そのような結果を導き出す人が、この法則に従って思考したのかどうかは謎です。
7+(7÷7)+7×(7-7)の計算結果
7+(7÷7)+7×(7-7) = 8
googleで「7+(7÷7)+7×(7-7)」を検索


つまり、「みんなちがって、みんないい」ということで・・・(誤用)

テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。