スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツインキュ 住所付きプロフィールで異性会員にダダ漏れ

2012年4月29日午後のGoogle急上昇ワード
1位 ツインキュ
ツインキュ

急上昇の理由: リクルートが運営する婚活サイト「ツインキュ(TwinCue)」で、「これまでご紹介したパートナー」の住所(番地まで)が閲覧できる状態にあったため。

ソースはこちら↓

障害発生のご報告とお詫び(2012/4/27 08:15)‐お知らせ ふたり生活研究所|価値観のあう、人生のパートナー探し リクルートのパートナー紹介サービス |TwinCue[ツインキュ]

「これまでご紹介したパートナー」というのは、別に本人が希望した紹介ではなく、登録されたプロフィールから、価値観の合いそうな人をアルゴリズムでマッチングしただけのものであり、本人の知らないところで勝手に、住所付きプロフィールで異性会員に「紹介」されていたという、ちょっとなんだかなあ、な状態。

リクルートみたいな広告ばんばん打っているような強い企業はネットで嫌われ気味だし、ちょっとメールで謝って終わりにしよう的なお座なりな対応が、反発を呼んだ模様。

婚活サイト「ツインキュ」の会員住所、20分間丸見え!「リクルートゼクシィなび」が謝罪… 2ch 痛いニュース速報まとめブログ・ポチョムキン通信.jp

大きな広告収入源ゆえに、大手マスコミの食いつきがイマイチなんじゃないかという憶測も、火に油を注いでいるような気も。

あと、こういうのって、サイトのトップでデカデカとお詫びするものだと思うんですけど、現状、とてもちっちゃい扱い↓
ツインキュ キャプチャ_編集

閲覧した可能性のある人ってのは特定できるし(会員なので)、限られているという点であまり大げさにしなくてもいいと判断したんでしょうか。

最初の謝罪の仕方は重要だなあ、と思いました。

テーマ : 痛いニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。