スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロ除算の件は単なる誤植でしょ? と思ったけど・・・

2012年11月28日午前のGoogle急上昇ワード
7位 ゼロ除算
ゼロ除算が急上昇ワード

急上昇した理由:小学生の算数の問題に、「9÷0=0」という出題があったというブログ記事が話題に。

このブログ記事を取り上げた記事はこちら↓

「9÷0=0」? ある小学校で出された問題に「ちょっと待て」(ねとらぼ) - 国内 - livedoor ニュース

で、そのソースとなっている親御さんのブログはこちら↓

0で割ることは出来ません。 - スペビトピックス

問題が大きくなっている原因として、ブログの著者がその問題プリントの出所を明確にしていないところがあるんじゃないかなと思います。

先生作成のプリントなら、まあ、その先生がミスした程度の話であって、「被害」もそれほど大きくはないだろうと。それに、それくらいの「事故」は、日本中に先生はたくさんいるんだし、山ほど問題プリント作られているんだし、ありうるだろうと。

もし、どこかの出版社が出している問題集だったら、「被害」が大きくなりそうなので、早めに修正した方がいいですよね。あと、「ちゃんとチェックしろよー」ってつっこみたい。

いずれにせよ、勘違いというよりは、「0÷9」を「9÷0」と誤ってしまった、誤植の類だと思ったんですよね、最初は。でも、前述のブログ記事に載っていた写真を見てみると、

ゼロ除算「9÷0=0」を出題した小学校の問題プリント
0で割ることは出来ません。 - スペビトピックス より

  (11)番の問題に 9÷0

とあるのに加えて、

  (16)番の問題に 0÷9

という設題があります。ということは「9÷0」の誤植だとは考えにくい。一連の問題の中に同じ設題があったことになってしまいますから。

こういう設問のグループには、普通は「ねらい」みたいなものがありますよね。例えば、「繰り上がりのない足し算」「繰り上がりのある足し算」みたいにテーマがあって、その理解度を確認できるようになっているはず。

つまり、この一連の設問は

  「ゼロを何かで割ると、ゼロになる」(正しい)

という理解と、

  「何かをゼロで割ると、ゼロになる」(間違い)

という理解を求めたものと見えるんですよね。

だとしたら、これはかなり、ゆゆしき事件ですよー。

というわけで、いずれにせよ、ブログの著者さんはプリントのソースを明記すべきだと思うんですよね。まさか、ブログ記事を書いてから3年も経って(日付は2009年9月13日になっている)、こんなに大騒ぎになるとは思ってなかったでしょうけど・・・

テーマ : 勉強・習い事〜☆ - ジャンル : 育児

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。