スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緒方恵美はエヴァンゲリオンの碇シンジの声優です

2012年11月16日午前のGoogle急上昇ワード
3位 緒方恵美
緒方恵美

急上昇した理由:一部のファン(本当にファンなのか?)が、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』上映終了後に、三三七拍子をすることや、「残酷な天使のテーゼ」を歌うことを呼び掛けているのに対し、同作に出演する声優の緒方恵美が苦言を呈したのが、ツイッターで話題に。

ソースはこちら↓

「エヴァ」声優・緒方恵美がファンに苦言…上映後の「三三七拍子」はやめてほしい - シネマトゥデイ

で、エヴァンゲリオンはちょっと見たことはあるけど、声優の名前までは知らなかったので、「緒方恵美」さんって誰の声?と思って検索したら、碇シンジ(主人公の男の子)の声でした。読みは「おがた めぐみ」です。「えみ」じゃないよ。けっこう、ベテランで(エヴァ自体古いですからね)、デビューは1992年の「幽☆遊☆白書」の蔵馬役。47歳で、結婚もされてます。(上記全部ウィキペディアから拝借した情報)

緒方さんの苦言に、「どうせネタだから」なんて反応もあるけど、絶対、やる奴いるからなあ。ネタを真に受ける人ってのは、いつの世にも一定の割合いるわけです。それにネタのつもりじゃなく本気で呼びかけているもいるだろうし。

人それぞれ、「好き」とか「ファン」の程度というかスタイルがあって、オタク的な好きになり方もあれば、ものすごく好きなんだけどオタクっぽい行動はとらないっていう好きになり方もあると思うんですよ。

ものすごく好きだからといって、必ずしも、グッズ買ったり、コスプレしたり、細部について語りあったり、モデルになった街に行ってみたり、好きな者どうしで集ってみたり、フィギュアを会社の机に飾ってみたりとか、そういう行動をとるとは限らないわけです。あと、映画鑑賞後に三三七拍子したりとか。

そういう静かなるヘヴィファンが、一人で劇場にひっそりと足を運び、作品を見終わり、余韻に浸っているところへ、

一部の人が、

  ♪ざ~んこくな、てんしのて~ぜ♪

なんて歌いだしたら、そら、イラッとするでしょう。

  みなさ~ん、いきますよ~! せ~の、チャッ、チャッ、チャッ!

って、想像しただけでも溜息が出る。

映画館は公共の場です。それに、自分の「好き」の感覚が他の人と同質のものだなんて考えるのもよしましょう。私は「あなたとは違うんです」。

劇場出た後に、カラオケ屋にでも行って、三三七拍子をするなり、「残酷な天使のテーゼ」を歌うなり、好きなことをすればいいと思いますよ。

テーマ : ヱヴァンゲリヲン新劇場版 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【緒方恵美はエヴァンゲ】

2012年11月16日午前のGoogle急上昇ワード3位 緒方恵美急上昇した理由:一部のファン(本当にファンなのか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。