スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野中広務の自虐史観が有害すぎる

2012年9月23日午前のGoogle急上昇ワード
  8位 野中広務
野中広務が急上昇ワード

急上昇の理由: 元内閣官房長官の野中広務が、中国のテレビ局の取材に対し、「こんな不幸な事件が起きたのは、まったく日本の人間として恥ずかしい。中国の皆さんに大変申し訳ない」と謝罪したため。

ソースはこちら↓

野中広務氏、中国の尖閣番組で謝罪 「不幸な事件、大変申し訳ない」 (1/2) : J-CASTニュース

上記の記事中にも「野中発言」の引用がありますが、まずは動画でどうぞ。中国語の部分の訳や字幕はないですが、野中氏の発言部分はそのまま日本語ですので、確認することができます↓



[2012年9月23日 追記]
動画を見るのが面倒な人のために、書き起こしました↓
(書き起こし)野中広務 中国の番組で尖閣問題について謝罪発言
[追記ここまで]

見事なまでの自虐史観。

戦争で多数の犠牲者が出たのも、尖閣問題で揉めているのも、全部日本が悪いんです、という。

極め付けは、

長い間戦争で多くの犠牲を残し、今なお傷跡が癒えてない、その中国に対して、歴史を知らない若い人たちは、そういうことを抜きにして、ひとつの対等の国としてやっているんです。それは間違っています

戦争の犠牲者のことはともかく(この時点で相当バイアスがかかっていますが)、だからといって、「対等にやってはいけない」ってことには、ならんでしょう。

なんで、こんなに媚びているんだろう? 余生を中国で過ごす気か?と思って、ウィキペディアを読んでみて、なんだか納得。

野中氏は戦争を体験しています。一国民としての戦争の体験が強烈すぎて、政治家として外交や戦争を客観視することができなくなっている(なっていた)みたいです。

加害者・被害者みたいな単純な構図でモデル化し、犠牲者のことで頭がいっぱいになる。そして、それ以外のことに関しては、思考停止状態になる。

戦争を体験した一国民がこのような状態になることはしょうがないことですが、政治家がこれをやってはいけないでしょう。

いつでも、何度でも、効き目抜群、無敵の戦争犠牲者カード。中国はこれを事あるごとに切って、日本を思うように動かそうとするでしょう。そんなカードに翻弄される人は、政治に携わっていけない。

野中氏はすでに政界を引退していますし、中国のテレビ局も、日本のマスコミも彼をそっとしておいてほしい。何を言っても、スルーする感じで。

戦争で傷ついた、可哀相なおじいちゃんなんですから。

「そうだね、日本が悪かったね。中国に謝ろうね。もっと謝ろうね。え? ご飯はさっき食べたわよ」

ってな感じで、優しく接してあげればいいと思います。

テーマ : 尖閣諸島 - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。