スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「割愛」、「にやける」、「まったり」、「がっつり」の意味を解説

2012年9月21日午前のGoogle急上昇ワード
3位 がっつり
5位 割愛
がっつり、割愛が急上昇ワード

急上昇した理由:年に数回は聞こえてくる、「あなたの日本語間違ってますよ」的なニュースのため。

ソースはこちら↓

時事ドットコム:「まったり」「がっつり」多用=20~30代の半数超-「にやける」正解は1割台

上記の記事、非常に分かりづらい。で、分かりづらくしている原因が、自分の国語力だったりします。というのも・・・

 一方、話し言葉として新語を普段使うか尋ねると、「まったり」や、「しっかり、たくさん」という意味で「がっつり」を使うと答えた人は10代でほぼ半数、20代で6割を超えた。

みたいに書かれていた場合、「『家でまったりする』は誤用なの?」と思ってしまう。記事をよく読めば分かりますが、

 ・使い方を間違っている
 ・今までなかった言葉を使っている
 ・以前はあまり使われなかった用法が多様されている
 ・言葉を間違っている(=そんな言葉はない)

みたいなのがいろいろ混ざっていて、正しい言葉と用法を知らないと、記事の真意がすぐに伝わらない感じ。

で、意味を調べて確認してみようというのが、本エントリの主旨。ここまでが前置き。

以下、辞書の引用は特に触れない限り goo辞書(デジタル大辞泉)です。

【まったり】
僕が子供の頃は味覚の表現で使っていましたね。そこから派生して、1990年代から「のんびり」のような意味で使われ始めた模様。(まったり - Wikipedia

定着してから長いので、誤用とするのは言い過ぎな感じですね。

辞書(デジタル大辞泉より)にも載ったようだし↓

2 ゆったりとしているさま。のんびりと落ち着いた気分であるさま。また、だらだらしているさま。「家人と休暇を―(と)過ごす」「ドラマが―(と)進行する」

若者がよく使ってる印象ですが、若者はいずれ元若者になるわけで、気付いたらけっこう年配も使っているという状況でしょうか。でも、おじいちゃん、おばあちゃんは使わない気がする。「ぽっくり」を使っているのはよく聞くけど。

【にやける】
これは誤用が定着した感じ。本来は、

1 男が変にめかしこんだり、色っぽいようすをしたりする。「―・けたやつ」

で、「若気る」と書くらしい。老若男女で「にゃく」と読むから、

にゃくける→にゃける→にやける

みたいな感じでしょうか。

どうやら「にやにや」するとは別語源なのですが、響きが似ているため、「にやにやする」ことを「にやける」という使い方につながったんでしょう。

【がっつり】
デジタル大辞泉に

[副]たくさん。たっぷり。「―食べる」
[補説]北海道の方言が広まったものとも言われる。

とあるので、使い方は全然間違っていないですよね。

ただ、以前あまり使われなかった用法が、多用されているために、調査対象となったんでしょう。

【半端ない】
これは新語の略語ですよね。誤用ではないけど、TPOを考えて使うべし。「部長、それ、ぱねぇっすよ」とか。

【真逆】
これも、私としては公的な場ではNGワードな単語だと思っていたのですが、すでに辞書に載っていた↓

まぎゃく【真逆】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

[名・形動]《「逆」を強調した俗語》まったく逆であること。正反対なこと。また、そのさま。「前作とは性格が―の人物を演じる」

「レポートに『真逆』のような言葉を使う学生がいる」みたいな感じで嘆いている大学の先生の話を聞いた気がしますが、辞書に載ってしまったら、判断が難しくなりますね。個人の感性で判断しなきゃいけない。わたくし的には(←こういうのもレポートではダメ)は、まだNGですな。

【割愛】
これはすでに大人(=おじさん)が、がっつり使っている言葉で、なおかつ、微妙なやつですね。

本来は、

1 惜しいと思うものを、思いきって捨てたり、手放したりすること。「紙数の都合で―した作品も多い」

です。

なので、会議の席での資料説明で、「ここの部分は割愛いたします」は、決して間違いではない。間違いでない条件は「惜しいと思っている」こと。気の持ちようだから、間違いかどうか一概に言えない。

でも、「ここの部分は重要ではないので割愛いたします」なんて言ったらダメです。断腸の思いの時だけ使いましょう。

【舌先三寸】

これは、「口先三寸」という存在しない単語を口走ってしまう人がいるという話。口先だけで話しているから、そういうことになる。でも、「くちさきさんずん」を変換すると、全体が一発で「口先三寸」と変換された。つまり、マイクロソフトも共犯である。

ちなみに、下記の産経の記事は、もうちょっと詳しい説明が載っているし、時事ドットコムの方になかった調査項目もあげていたので↓、あわせて読めばいいかも。

にやける→薄笑い、うがった→疑って掛かる 誤用が“市民権”:イザ!

テーマ : どうでもいいかもしれないニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。