スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タルク、ベビーパウダー、シッカロール、天花粉

2012年8月28日午前のGoogle急上昇ワード
  2位 タルク
タルクが急上昇ワード

急上昇の理由: 山口県の防府市の元准看護師が中皮腫を発症したのは、タルクに混入していたアスベスト(石綿)を吸い込んだのが原因として、労災認定されたため。

ソースはこちら↓

防府の元准看護師、労災認定 医療用手袋再利用で中皮腫 - 中国新聞

それで、「タルクって何だ?」ってことで検索する方も多いと思いますが、一番身近な利用例としては、ベビーパウダーってことになり、今使っていたり、使ったことがある人が、「ベビーパウダーは大丈夫なの?」ってことで、さらに検索数が急上昇した模様。

赤ちゃんや小さい子供によく使いますからね。お母さんが心配するのは当然でしょう。

でも、結論から言うと、それほど心配する必要はなさそうです。

石綿を含有するタルクの使用や製造が禁止されたのは2006年で、その後、調査をしたところ、33事業所のうち1事業所の違反が見つかったそうです↓

厚生労働省:タルクへの石綿含有可能性調査結果について

この件に関しては、該当する製品の行方もはっきりしているようですし、2006年9月14日以降には製造されていないことも確認されているようです。

それに、違反が確認された製品は、松村産業(株)の「ハイフィラー岫岩(しゅうえん)5000PJ」とう製品であり、ベビーパウダーなどではなく、工業用に利用されるもののようです。

下記は松村産業の「ハイ・フィラー」についての製品紹介ページ。

超微粉末 タルクハイフィラー

なので、最近ベビーパウダーとして出回っているものに関しては、心配する必要は、まずないでしょう。

タイトルに並べた、「タルク、ベビーパウダー、シッカロール、天花粉」は、一般の人が使う時は、ほぼ同じものを指す意図があると思うのですが、細かく見てみると、

 タルク     : 鉱物原料
 ベビーパウダー: 一般名称
 シッカロール : 和光堂の登録商標
 天花粉    : タルクではなく、キカラスウリのデンプンを用いたもの
 (ベビーパウダー - Wikipedia より)

のような感じです。

そういえば、「シッカロール」の和光堂からは、2005年に当社製品の安全性についての報告がありますね↓

ベビーパウダーのアスベスト報道について(PDFファイル)

山口県の元準看護士は業務の中で、日常的にタルクを吸い込む環境にあったらしく、このような状況にあった方は、確認をされた方がいいかもしれませんが、ベビーパウダーの方はそれほど神経質にならなくてもよさそうに思います。

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。