スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

済々黌高校の珍しい得点を解説(1死からのライナーでダブルプレー、なのに得点?)

済々黌高校の珍しい得点を解説(1死からのライナーでダブルプレー、なのに得点?)

2012年8月14日午前のGoogle急上昇ワード
1位 済々黌
7位 鳴門高校
10位 ドカベン
済々黌、鳴門高校、ドカベンが急上昇ワード

急上昇の理由: 8月13日の高校野球(鳴門1-3済々黌)の、済々黌の3点目が、ちょっぴりトリッキーだったため。そして、その特殊なルールについて、漫画「ドカベン」で知ったと、選手が語ったため。

ソースはこちら↓

済々黌が貴重な追加点 併殺成立前に走者生還 高校野球:イザ!

1死一、三塁で打者は遊直に倒れ、遊撃手は一塁に投げて併殺となった。しかし、飛び出していた三塁走者は3アウト成立前に本塁を踏んでいたため、生還が認められた。

西貝球審は「一塁に転送されてのアウトよりもホームインが早かった。鳴門からのアピールがなかったため、得点を認めた」と説明した。


ドカベンの画像が載っているのはこちら↓

【高校野球】済々黌×鳴門戦でルールブックの盲点を突いた1点!「『ドカベン』で知り、狙っていた」 : はちま起稿

(野球の人気がもっとあった)子供の頃にルールを覚えたから、ある程度理解しているものの、野球のルールってややこしいですね。
上記記事も、「遊直」(=ショートライナー)とか、「遊撃手」(=ショート)とか、分からない人を寄せ付けない雰囲気。

つまり、1アウト、ランナー1塁・3塁という状況で、バッターが打ったのはショートライナー。1塁ランナーは飛び出していたので、1塁送球でアウトのダブルプレー。

(1)ショートフライがキャッチされる(2アウト目)
(2)ボールが1塁に送球され、ランナーアウト(3アウト目)

はい、交代、交代。と思いきや。得点が入った。なんで?って思いますよね。

3塁ランナーがホームインしてたんですね。なので、時系列に並べると↓

(1)ショートフライがキャッチされる(2アウト目)
(2)3塁ランナーホームイン(得点!)
(3)ボールが1塁に送球され、ランナーアウト(3アウト目)

じゃあ、得点でいいじゃん。とはならない理由は、3塁ランナーはタッチアップしていなかったんです。つまりバッターが打つ前から、3塁を飛び出していて、ライナーであったにもかかわらず、3塁には戻らず、そのままホームを踏んでいます。

じゃあ、得点ダメだろ、と思いたくなりますが、そうはならないルールがあるんですね。

アピールアウト - アピールプレイ - Wikipedia

次の場合、守備側から審判員にアピールがあれば、攻撃側プレーヤーはアウトになる

飛球が捕らえられた際に、走者の離塁が捕球よりも早かった(タッグアップが早かった)とき、あるいは走者がすでに離塁していて帰塁しようとしている(リタッチ義務が残っている)ときに、野手が走者の身体または帰るべき塁に触球した場合。ただし後者のケースでは野手の動作や言葉によるアピールなしでも審判員は直ちにアウトを宣告する。

なんだこれは、法律の条文かよ。

後者のケースは「アピールなしでも審判員は直ちにアウトを宣告」とあるということは、前者の場合はアピールしないと、アウトにしないということですね。

つまり、「3塁ランナーがホームを踏んで『得点しました』って顔してますけど、あいつね、ライナーが捕球される前から離塁してました。だからアウトですよ、旦那」って、審判にアピールしなきゃ、アウトにならない。

アピールって言っても実際は、審判の方見ながら、3塁ベースでも指させば、「分かっているともさ、球児!」って感じで、アウト宣告されるんでしょうけどね。

今回は、当然3塁ランナーのホームインは無効だろ、って思い込みから、誰も何もアクションしなかったんでしょうね。

おお、そうだ。YouTubeに動画があったんだ。最初から出せよとか言われそうですが。



今回、分かりにくいルールを分かりやすく解説しようと、書きはじめたわけですが、えらく長くなってしまい、「要するにー」って言ったくせに、全然要せていない人みたいになったしまったことを、おわびします。

そして、野球のルールが複雑なのはアメリカ人のせいです。

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。