スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫崎享さん、尖閣諸島が中国の領土なら、朝鮮半島もイランもモンゴルの領土ですよね

2012年7月17日午前のGoogle急上昇ワード
4位 孫崎享
孫崎享が急上昇ワード

急上昇した理由: 元外務省国際情報局局長の孫崎享氏が「尖閣諸島は日本固有の領土ではない」と発言したため。

ソースはこちら↓

「尖閣は中国のもの」発言…中国「話の分かる日本人もいるらしい」 2012/07/16(月) 10:43:50 [サーチナ]

孫崎氏が根拠にしているのは、

すでに14世紀にはその軍事力が尖閣諸島一帯に及んでいたという史実がある

というところなんだそうです。

14世紀かー。相当前ですね。元とか明とかの時代ですよね。この時代に軍事力が及んでいたから、中国の領土ね。なるほど。

元って言えば、モンゴル帝国の最盛期にはこんな感じでしたよね↓

1279年のモンゴル帝国の領土
1279年のモンゴル帝国の領土(モンゴル帝国 - Wikipedia より)

ということは、朝鮮半島やイランのあたりも全部中国の領土?

いや、モンゴル人に支配されていただけだから、モンゴルの領土と考えるべきか。って解釈でOKでしょうか? 孫崎さん。

近代国家という概念が成立してなかった頃の、軍事支配の状況を引っ張り出して、ゆえに中国の領土であるってのは無理がありませんか? 中華人民共和国ができたのって1949年ですよ。

元とか明の頃とか、どんだけ遡る気だか。

領土問題は、国家とか領土とかそういう近代的な概念が成立して、各国が領土を定めたときの状況をもって語るべきじゃないかと思うのですが、どうでしょう。

ただ、「固有の」っていう言葉が一人歩きしてて、そこを孫崎さんはつっこんだという解釈もできなくはないですけどね。

初めて発見したのが日本人で、初めて支配したのが日本人で、その後、ずっと日本が支配し続けている、という状況のことを「日本固有の」というのならば、「尖閣諸島は日本固有のものではない」というのは正しい気がします。

ただ、領土うんぬんの話をしている時に、14世紀の軍事力の状況を引っ張り出してくるのは、やっぱり変な話。

国家や領土という概念ができて、尖閣諸島はどこの国の領土だ?って問題が発生して以降、ずっと尖閣諸島を領土としてきたのは日本であるという、この点をもって、尖閣諸島は日本の領土であるわけですから。

テーマ : 国防・軍事 - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。