スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『はだしのゲン』を開架にしようが閉架にしようが構わないけど・・・

2013年8月17日のGoogleトレンド急上昇ワード

はだしのゲン
はだしのゲンが急上昇ワード

急上昇の理由: 松江市教育委員会が市内の小中学校に対して、「はだしのゲン」を閉架扱い(=自由に読むことができない)にするよう要請したことが話題に。

ソースはこちら↓

「はだしのゲン」過激描写理由に「閉架」に 松江 NHKニュース

kizasi.jpのランキングでは、「松江市教委」のキーワードがランクインしていました。

松江市教委が急上昇ワード


これって、つい先日まで蔵書として普通に扱われていた本が、教育委員会のお達しで、急に非公開になっちゃった点に違和感があると思うんですよね。

不適切だと思うなら、最初から図書館に置かなければいいだけですから。購入して蔵書にしておきながら、その内容を理由に、禁帯出にしたり、閲覧には教員の許可が必要な扱いにしたりって、どんだけややこしい運用なんだよ。

しかも「はだしのゲン」だけ狙い射ち? 他もチェックした方がいいんじゃない? ちんこで障子をつきやぶる作品とかは粛清しなくて大丈夫?

この「はだしのゲン」について、松江市教育委員会は、去年12月に開いた小・中学校の校長会で、すべての学校に対し、子どもが図書室などで自由に読むことをできなくさせる「閉架」の措置をとるよう口頭で要請しました。

↑この場で、揉めなかったんですかね。

「そんな要請には応じられない」って校長がいてもおかしくないし、そこで議論されて、学校に持ち帰って職員会議でもまた議論して、そして、うちの学校はそうする/そうしないってのを決定したというプロセスがあったのなら、どちらの対応になったとしても、その決定は尊重したいところなんですけどね。

「教育委員会が言っているんだからそうするか」みたいなノリで、特定の書籍を閉架扱いに変更してた、なんて状況じゃないことを祈ります。

スポンサーサイト

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

ラピュタとバルスが日テレにとっておいしすぎる件

『天空の城ラピュタ』の放送時に、「バルス」と書き込んだりツイートしたりするのは、もう恒例なんですね。

バルス
放送日(2013年8月2日)の翌日のGoogle急上昇ワード

書き込みやツイートと、検索ボリュームは別物ですが、数日前から話題になり始めて、今回もバルスでサーバ落とすぞーみたいな話題になって、「バルスって何?」な人も多いでしょうし。

映画が放送されると映画名が検索されるというのはよくあることですが、映画名ではなく、滅びの言葉「バルス」ってところが特殊ですよね。

過去の放送に対する検索ボリュームの増加は、↓下記のような感じでした。(グラフはGoogleトレンドで出力させたもの)
バルス(2005年~2011年)

↑上記グラフの範囲に、今回(2013年8月)の分を含めなかったのにはわけがあって、もし含めてしまうと、↓こんな感じになってしまうのです。
バルス(2005年~2013年)

最大のところを100としてグラフが描画されるため、今回の検索ボリュームが多すぎて、過去のピークがつぶれちゃうんですよね。

2013年の話題になり方は、過去のものとは規模が全然違ったということです。

バルスでサーバが落ちるのなんのって話はかなり昔からあって↓

2009年11月の記事
ねとらぼ:Twitterサーバ、「バルス」に勝つ - ITmedia ニュース

上記の時点で、

Twitterが国内で本格的に普及してから初めて、「天空の城ラピュタ」がテレビ放映された。
(中略)
天空の城ラピュタは、ほぼ2年おきの地上波放送のたびに「2ちゃんねる」のサーバを陥落させてきた。

とあり、すでに毎回話題になる存在でした。でも検索ボリュームを見ると、それは一部の人たちのものだったように思えます。

それが、今回2013年を100とすると

 2005年・・・ 1
 2007年・・・ 1
 2009年・・・ 1
 2011年・・・ 5
 2013年・・・100

という感じの伸びですからね。もう、国民的行事になってしまったといっても過言ではないのでしょうか。(過言だよ)

つまりこれからは、ラピュタは何度も見たし、もはや見たくもなんともないけど、バルスツイートをするためだけに見るという人も増えるでしょう。

なので、今後もますます、ラピュタは日テレにとってドル箱としての存在感を増していくことでしょう。

次の放送予定は2015年です。(勝手に推測)

テーマ : ジブリ - ジャンル : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。