スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「長谷川豊」「長谷川豊元」が急上昇ワード

2013年3月27日午後のGoogle急上昇ワード
  長谷川豊
長谷川豊が急上昇ワード

急上昇の理由: ↓こちら

フジの長谷川豊元アナが退社へ NYで滞在関連費不正使用:イザ!

フジテレビは27日、情報番組「とくダネ!」などに出演していた元アナウンサーの長谷川豊氏(37)が4月1日付で退社することを明らかにした。一身上の都合という。

で、ごく普通に「一身上の都合」で辞めたのなら、そんなに話題にもならないのでしょうが・・・

当時、同局は処分理由について「ニューヨーク滞在関連費用の不正使用があった」と説明していた。

ということなので、しょうがないですね。

まとめますと、

 1. クリステルに人種差別発言(「外人!」の件)

 2. NYへ

 3. NY滞在関連費不正使用

 4. 編成制作局編成情報センター著作権契約部

 5. 退社

いろいろなキャリアを積まれたようです。

著作権契約部で働いている人、いやだろうな、こういうのが流れてくると。著作権の前に、まず人権だろ、みたいな。

で、数分後に急上昇ワードのガジェットがリロードされると・・・

長谷川豊元が急上昇ワード
長谷川豊元

はせがわ・・・ 「とよもと」?、「ほうげん」?

何だろうと思ったら、

長谷川豊アナということらしい。検索するためにコピペした人が、元の部分まで名前だと思って、検索窓に入力したんだろうか? でも、そんなに検索数が多くなるものなのだろうか? 謎は深まるばかり。

まあ、どうでもいいや。

あと、□□ 〇〇助って名前の人が教授になると、教授なんだか、助教授なんだか分かりにくいよね。

(おわり)


[2013年4月14日追記]
悪意がなかったのであろうということはよく分かりました。また、彼が軽率な人間であることもよく分かりました↓
長谷川豊元アナのブログ、不正行為についての釈明まとめ: 主張


[2013年4月19日追記]
ブログに寄せられる批判コメントの多数が、フジテレビ社内からだったという、面白い話↓
ITスキルは、長谷川豊>フジテレビ社員、な件 - 急上昇ワードな理由

スポンサーサイト

テーマ : アナウンサー - ジャンル : テレビ・ラジオ

東横線も、小田急線も、京王線も急上昇

2013年3月16日午前のGoogle急上昇ワード
  1位 東横線
東横線が急上昇ワード

急上昇の理由: 東横線の渋谷駅が地下駅になったため。

ソースはこちら↓

東横線渋谷駅、地下に 85年の歴史に幕:イザ!

東急東横線と東京メトロ副都心線の直通運転に伴い、東横線渋谷駅は16日から地下へ移り、約85年の地上駅の歴史に15日幕を下ろす。

『85年の歴史に幕』とか書いてあるけど、「なんだ地下駅になっただけじゃん」とか思うのは私だけ? 無くなったならともかく。(無くなるかいな)

鉄道マニアの中にも、撮り鉄、乗り鉄みたいな感じで「駅鉄」とかいるんだろうか。そういう人にとっては感慨深いかも。

Googleトレンドで見てみると、確かに今月グッと伸びていました。
東横線の検索ボリューム
Googleトレンド 「東横線」の検索ボリューム

でも、2011年にもっと大きなピークがあるぞ。なんだこれは?

お察しの通り、これは大震災のときの、鉄道の混乱が原因ですね。
試しに、他の鉄道会社の名前での検索ボリュームを並べてみると、同じようにピークがありますね。

東横線、小田急線、京王線の検索ボリューム
青:東横線
赤:小田急線
黄:京王線

こうやって複数並べてみると、共通したピークは災害や天候が原因で各鉄道会社に影響があったもの、単独のピークはその鉄道会社や路線固有のトピック・ニュース・事故など、というふうに推測することができますね。

「だからなんだ」とか言われそうですが、ちょっと興味深いかな、と思いまして・・・

テーマ : 鉄道マニア - ジャンル : 旅行

2013年3月10日の煙霧の画像(横浜市で撮影した写真)

2013年3月10日午後のGoogle急上昇ワード
  1位 煙霧
煙霧が急上昇ワード

急上昇の理由: 3月10日の午後、関東近辺の空が大変なことに!

ソースはこちら↓

都心で大気かすむ 気象庁「黄砂ではない」:イザ!

ソースうんぬんよりも、わたくし、ちょうど外を歩いておりまして、黄色みがかった白色の砂埃をまともにくらってしまいました。

こりゃ絶対黄砂だな、と思っていたのですが、上記の記事によると、気象庁は黄砂ではないと言っているとのこと。じゃあ、中国のPM2.5も入ってないんですよね? ですよね?

私が、この「煙霧」に遭遇した時の状況を説明しますと・・・

横浜市のセンター南駅の近く、都筑中央公園付近を歩いていたんですよね。風はすごく強かったんですが、初めは砂埃が舞ったりはしていませんでした。

で、空の、ある方向を見ると、薄暗い感じなんですが、普通の悪天候の時の暗さとは違って、黄色みがかった白という感じで、それが遠くに見えたんです。

で、だんだん近づいてきて、その方向は黄ばんでいるのに、違う方向は青空というすごく不思議な見た目になりました。

煙霧1(横浜市)
右側は青空なのに、左側が黄色っぽい

上記の方向から180度向きを変えて撮ったのが↓下記の写真。

煙霧2(横浜市)
左側は青空なのに、右側が黄色っぽい

で、上記の写真を撮っているときは、自分のいる場所はまだ煙霧に襲われていなくって、余裕かましていたんですが、数分後に周りの空気が砂まみれになって、目に砂埃が入って、目が開けてられていないような状態になりました。

急いで、港北TOKYU SCに逃げ込んで、4階のガラス張りのところから、外の写真を撮ったのが、下記の画像↓

煙霧(横浜市港北東急SCより)

まだ午後2時くらいだったのですが、にわかに暗くなって、異様な雰囲気でした。

地平付近の霞み方は強いですが、空の真上の方は青空っぽさが残っているあたり、通常の霧や靄とは明らかに見え方が違いますよね。
で、ほんとに中国からの黄砂じゃないってことでいいんでしょうか?

マスクも持っていなくて、だいぶ吸っちゃったような気がするんですが・・・

テーマ : 天気 - ジャンル : ニュース

Google急上昇ワードのガジェットが不評(今回は改悪ということでよろしかったでしょうか)

昨日、iGoogleの「Google 今日の急上昇ワード」ガジェットがリニューアルされたという話を書いて↓

iGoogleの「今日の急上昇ワード」ガジェットがリニューアル(でも私の希望は「24時間以内」検索)

私があまり嬉しくないと感じた、クリックしたときの挙動のことに触れたのですが。

その他にも、なんだかいろいろ不満意見が出ているようです。

ガジェット右上の歯車アイコン(オプション、設定)をクリック
→メニューが表示される
→「このガジェットについて」を選択

すると、このガジェット Google hot searches (By Google Trends team)のページにリンクされていて↓

Google hot searches - 自分のホームページに追加

そこにガジェットに対するコメントが書かれていたのですが、不満意見ばかりですね。(肯定意見が書きこまれにくい傾向にあることを考慮しても)

↓こんな感じ

koyama etsu - 2013/03/08
見づらい。同じワードがランクに2度入ってたりするし、意味分からない。

Natsumi Yamanouchi - 2013/03/08
更新されないんだけど。わけの分からない「棒グラフ模様」を飾りたくて使ってるわけじゃないんですけど。

改悪 髙橋政裕 - 2013/03/08
何してんの、改悪?

改悪 ★☆☆☆☆ - Sato Takehiko - 2013/03/08
まったく役に立たなくなってしまいました。 今までのが気に入っていただけに非常に残念です。 本当に何があったのでしょうか?

また余計なことを・・・ to_to_kizai2008@pony.ocn.ne.jp - 2013/03/08
更新しないなら、元のままでいい。 使いにくし、改悪はやめてほしい。

最悪 ★☆☆☆☆ - tak i - 2013/03/08
これ何?更新してる?全く使えない。削除決定。

使いにくくなった 前田彰彦 - 2013/03/08

なんで変えたのでしょうか?

最悪 Shuji Momiyama - 2013/03/08

何これ?元に戻してほしい。

分りにくくなった ★★☆☆☆ - Daiji Kamiya - 2013/03/08

キーワードの横のグラフが、何を基準に出しているのか分らない(今までの矢印表記と順位のほうが直観的だったと思う) 昨日から大した変わり映えがないキーワードが出ていて、内容の更新状態に不信感が湧く(1日前、過去1週間などあれば、長期的に検索キーワードとして順位が高いのか判断できたので信憑性を感じた) 今年の11月にはiGoogleが廃止される決定は変わっていないようだし、なぜ今更仕様変更をしたのか疑問に思う。


見た目の好みはいろいろあるでしょうけど、

 ・更新されていない(ように見える)
 ・同じワードがランクに2つ存在

などは、理屈が分からないと、大抵の人にストレスを与えてしまう気がします。

実際、更新されていない訳ではない(=変化している)のですが、「香川ハットトリック」のような5日前くらいのキーワードも残ったままなんですよね。

iGoogle自体が2013年11月に終了することになっているというのに、このタイミングに、このビミョーな変更は何? とユーザ達を混乱させてしまっているという次第。

[2013年3月9日追記]
違う日付の、上位のキーワードが並列に並んでしまっている、というオチでした↓
Google急上昇ワードのガジェットが更新されない理由: 主張


テーマ : インターネットサービス - ジャンル : コンピュータ

iGoogleの「今日の急上昇ワード」ガジェットがリニューアル(でも私の希望は「24時間以内」検索)

私のiGoogleの環境には、(もちろん)「Google今日の急上昇ワード」のガジェットが貼り付けられています。そして、数日前のことだと思うのですが、いつの間にか、表示の仕方がリニューアルされていました(改善か、改悪か微妙なのでこの言葉を使ってみた)。

「今日の急上昇ワード」ガジェット(リニューアル前)
↑リニューアル

↓リニューアル
「今日の急上昇ワード」ガジェット(リニューアル後)

以前は、キーワードをクリックすると検索結果に飛ぶだけでしたが、新しいガジェットではウェブページの1つがサマライズされて表示されるようになりました↓

「今日の急上昇ワード」ガジェット(リニューアル後)でクリック後に表示される内容
キーワード「地震」をクリックしたら表示される画面

この変更は結構微妙です。なぜかというと、上記で表示されているニュース記事

家の食料、地震で何日持つ…東京海上防災サイト : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

は四日前(2012年3月3日10時6分)にアップされた記事であり、このワードが「今日」急上昇した原因だとは考えにくいんですよね。

急上昇した原因を機械的に見つける方法としては、条件を「24時間以内」とかにして、トップに来る記事を表示する方がハズレが少ないと思うのですが、どうでしょうか。

ちなみに、「24時間以内」の条件で検索してトップに来たページは下記です↓

地震情報 - 日本気象協会 tenki.jp

上記サイトを開くと、2013年3月7日 7時4分頃(つい数十分前)に起きた地震の情報が表示されました。

それほど規模の大きくない地震だったので、もしかしたら違うかもしれませんが、前述の読売新聞の記事よりはアタリの可能性は高そうです。

そして、「24時間以内」かつ「ニュース」で検索すると、下記の記事がトップです↓

朝日新聞デジタル:巨大地震の規模、3分で計算 気象庁、津波警報に活用 - テック&サイエンス

この記事に取り上げられている話題は、昨日の夕方から深夜にかけて、各新聞社やニュースサイトで報じられていたものですので、急上昇の理由としても可能性が高そうです。

というわけで、急上昇したキーワードをクリックした時の挙動としては、

 ・「24時間以内」の検索結果を表示

 ・「24時間以内」かつ「ニュース」の検索結果を表示

のどちらかがいいと思うのですが、どうでしょう?■

[2013年3月8日追記]
設定が勝手に「アメリカ」になってしまった時の対処法です↓
「Google 今日の急上昇ワード」ガジェットが英語になってしまった時の対処方法: 主張

テーマ : インターネット - ジャンル : コンピュータ

フィフィも上田修子も、生活保護受給者に厳しい件

「なんだ、なんだ、喧嘩か?」みたいな感じで、周りに野次馬が集まってくる感じ。他人の揉め事はエンターテインメント。そして、ツイッターなら、見ているだけじゃなくて、その喧嘩に参加できるし。群衆の中から、足だけ出して、軽く蹴飛ばす、みたいな。

上田修子が急上昇ワード

上田修子さんって誰ぞやと思って調べてみると、元ネタはこちらでした↓

「生保受給者は食費抑える知恵付けろ!」 フィフィ発言にライター噛み付き大論争ぼっ発 : J-CASTニュース

ざっくりとまとめると、

(1)小学・中学の子供がいる生活保護受給の母子世帯が一週間の食費を7000円に抑えているという話が国会で取り上げられる

(2)タレントのフィフィさんが、自分の家庭も「1週間の食費はそんなもん」「七千円で抑える知恵も努力も無い」などとツイート

(3)ライターの上田修子さんが「フィフィは(中略)貧困層の実態を知らない」「貧困層はそもそも生活スキルが無い」などとツイート

みたいな感じ。上記、かなり端折っているので、私のバイアスが大いにかかっている恐れあり。詳細はJ-CASTニュースの方を見てください、というか、オリジナルのツイートの方で確認してください。

で、感想言っていいですか? え、いらない? まあ、そう言わずに。

フィフィさんのは正論でしょう。週7000円程度で、さも食費を削っているみたいにいうのは、かなり微妙。うちは4人家族だけど、業務スーパーで4,5千円くらいまとめ買いすると、一週間で食べきれないほどの食材の量になる。

ただ、菓子やらジュースやら果物みたいな、嗜好品的要素が入ったものまで含めると、金額は一気に増えちゃう。このへんを我慢するとか、抑えるとかするかどうかみたいなところが大きく効いてくる。

だから、工夫や我慢が足りないって言い方もできないでもない。

でもまあ、食費だけの問題じゃないし、そこだけ大きく取り上げて、

「週の食費を七千円で抑える知恵も努力も無いからいつまでたっても生活にゆとりを実感する事もなく、税金に頼るのでは?」

とまで広げると、仕事のミスを叱っている上司が、「だいたい、なんだ、君のその髪の色は」みたいな状況を彷彿とさせる。

で、フィフィさんに上田さんが絡んだって言うから、この母子世帯を擁護するツイートをしたのかと、最初思ったんですが、見てみると、

「貧困層はそもそも生活スキルが無い。そんなスキルがあれば、生活保護まで落ちないと思うよ」

と、むしろ貧困層をディスるような発言。これを見ると、もっと努力しろ、っていうフィフィさんのツイートには愛さえ感じられる。

上田さんの、貧困層には生活スキルがないという意見も驚きですが、生活保護を受給するようになった原因を「生活スキルがないこと」に限定する、というのもかなりの暴論。

その母子家庭が、どういういきさつで生活保護を受給するようになったか知っているの?

例えば、亭主に長々患われた末に死なれ、多額の借金が残り、子供は介護が必要な障害を持っているから働きには出られない、みたいな状況だったら、生活スキルの問題じゃないでしょう。

でも、無計画な消費をして生活基盤を崩して、生活保護を受給するにいたったような、生活スキルのない人もいるでしょう。

結局、「いろいろ」なんですよね。そのいろいろな人たちがいるって状況なのに、「貧困層ってこんなもの」みたいに決めつけるあたりに無理がある。

早まった一般化の誤謬ってやつですかね。

「フィフィは両親共に博士号を持つミドルクラスで育っているから、貧困層の実態を知らないんだよ」


  中流・上流家庭で育つ → 貧困層の実態を知らない

これ真?

反例がすぐに見つかりそう。

「1ヶ月3万円以内で食費を抑えるスキルがあるのは、せいぜいダンナの月給が20万円以上(東京なら30万くらい)ある人達」


  食費を抑えるスキルがある → ある程度の月収がある

上記と同値(待遇)は

  ある程度の月収がない → 食費を抑えるスキルがない

この反例だって、いくらでもありそう。

えーと、上田修子さんは「テクニカルライター」というご職業だそうで・・・

テーマ : 今日、気になったネタ - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。